2004年09月05日

Disc Stakka C10Aのモニターリポート(総括)

(モニターリポート)
モニター当選に吃驚したのも早々に、Disc Stakka C10Aの使用を開始。
だが、大きな1枚シートの説明書では操作方法が良く分からない。
結局、PDFの日本語版ユーザーガイドをプリントアウトしてから内容を確認
して操作に移ることにした。
新しいディスクを追加、登録する手順は次の様になる。
OpdiTrackerソフトウェアが正常に起動していることを確認した後、
登録するCD−ROMを本体挿入口にセットすると自動的に取り込まれる。
挿入されたディスクをOpdiTrackerデータベースに詳細を記録するを選択すると、
新規ディスクのプロパティが開くので必要事項を記述・編集する。
一度ディスクを取り出し、PCのドライブにセットしディスクの内容を取得する。
ドライブからディスクを取り出し、また本体挿入口にセットすると自動的に取り込まれる。
今度は、挿入されたディスクを選択するを選ぶと晴れて1枚のCD−ROMが
本機に登録される。これを登録する枚数だけ繰り返すわけである。
取り敢えず、素材サンプルが入ったCD−ROMを10枚ほど登録して使用してみました。
CD−ROMをオンラインで管理するコンセプトは大変共感出来、大変便利なものではあると
思います。
しかし、使い勝手で次のような点を次期商品で改善して頂けるといいと思います。
1.データベース登録するのにPCのドライブを使用するため、入れ替え作業が必要になるが
  これを省くことが出来ないだろうか。
2.検索して本体からディスクを取り出し、PCのドライブで読み出すわけだが、これ全てを本体で
  行えないだろうか。
3.何かトラブルの時、マニュアル操作で本体からディスクを取り出す機構がついていると安心感が
  あると思う。
以上がDisc Stakka C10Aのモニターリポートです。

posted by 玉三郎 at 03:44| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | リポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月14日

モニタリポート#4〜Disc Stakka C10Aの使用後の感想

CD−ROMをオンラインで管理するコンセプトは大変共感出来、大変便利なものではあると思います。
しかし、使い勝手で次のような点を次期商品で改善して頂けるといいかなと思います。

1.データベース登録するのにPCのドライブを使用するため、入れ替え作業が必要になるが
  これを省くことが出来ないだろうか。
2.検索して本体からディスクを取り出し、PCのドライブで読み出すわけだが、これ全てを本体で
  行えないだろうか。
3.何かトラブルの時、マニュアル操作で本体からディスクを取り出す機構がついていると安心感が
  あると思う。

以上がDisc Stakka C10Aを使用してみた経緯と使用したみた感想をモニターリポートとして
纏めてみました。
posted by 玉三郎 at 17:07| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | リポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月08日

モニタリポート#3〜Disc Stakka C10Aの使用開始

さて、いよいよこれからDisc Stakka C10Aの使用開始。
だが、大きな1枚シートの説明書では操作方法が良く分からない。
結局、OpdiTrackerがインストールされたフォルダにあるPDFの日本語版ユーザーガイドを
プリントアウトしてから内容を確認して操作に移ることにした。

まずは第5章のお使いになる前にの項目を呼んでみたが、今ひとつぴんとこない。
新しいディスクを追加、登録す手順は次の様になる。
OpdiTrackerソフトウェアが正常に起動していることを確認する。
登録するCD−ROMを本体挿入口にセットすると自動的に取り込まれる。
挿入されたディスクをOpdiTrackerデータベースに詳細を記録するを選択。
新規ディスクのプロパティが開くので必要事項を記述・編集する。
その状態で一度ディスクを取り出し、PCのドライブにセットしディスクの内容を取得する。
ドライブからディスクを取り出し、また本体挿入口にセットすると自動的に取り込まれる。
今度は、挿入されたディスクを選択するを選ぶと晴れて1枚のCD−ROMが
Disc Stakka C10Aに登録された訳である。
これを登録する枚数だけ繰り返すわけである。

後は、OpdiTrackerソフトウェアを使用して、検索、取り出し、戻すという使い方することに
なるようです。

取り敢えず私は、ホームぺ−ジ作成などに使用していた素材サンプルが入ったCD−ROM
を10枚ほど登録して使用してみました。
posted by 玉三郎 at 12:35| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | リポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モニタリポート#2〜Disc Stakka C10Aのセットアップ

先ず最初に本体、付属品等の写真をとり記録しました。
簡単な1枚シートのセットアップガイドを読み、一通り設定手順を確認し、
通常メインで使用するパソコンに接続することに決め、Install Disc Softwareで
ドライバをインストールしました。
インストールするPCは自作で、OSはWindows2000proffesional。
CD ROMは自動起動しないのでドライブを開き、Setup.exeを起動しました。
Opditrackerインストーラーへようこそというウィンドウが開いたので、
更にOKをクリック。
Opditrackerインストーラーの必須条件が表示され、Opditrackerの最小限必要なものに合致しない
ことを検出しましたとのメッセージが表示された。
Micosoft.Net Framework 1.1 日本語版のインストールから続けるをクリックする。
Micosoft.Net Framework 1.1パッケージをインストールしますかの表示が出たので”はい”を
クリック。
Micosoft.Net Framework 1.1のセットアップが開始される。
Micosoft.Net Framework 1.1の使用許諾契約書に同意するを選択し、インストールをクリックする。
Micosoft.Net Framework 1.1のインストールが完了した旨の表示が出たのでOKをクリック。
Micosoft.Net Framework Language Packのインストールをしますかの表示がでたので、
”はい”をクリック。
Micosoft.Net Framework Japanese Language Packの使用許諾契約書に同意するを選択する。
Micosoft.Net Framework Japanese Language Packのインストールが完了した旨の表示が出たのでOKをクリック。
Opditrackerインストーラーが自動的に起動し、インストールをはじめる。
Opditrackerエンドユーザーライセンス契約書の使用許諾契約に同意するを選択し、次へをクリック。
OpditrackerのReadme情報が表示されたので、次をクリック。
ユーザー情報の登録画面から次へをクリック。
Opditracker無料ソフトウェアアップデートのユーザー通知画面が表示される。
次へをクリック。
インストール先のフォルダはC:\Program files\Opdicom\OpdiTracker\なので
変更せず次へをクリック。
セットアップタイプの選択で”すべて”を選択し、次へをクリック。
OpdiTrackerのインストールが始まる。
OpdiTrackerのインストール完了のメッセージが表示されたので、完了をクリック。

本体をUSBケーブルでPCと接続する。
新しいハードウェアが見つかりましたの表示。
保守ウィザードの窓が開き、新規ユニットウィザードオプションが表示される。
OpdiTrackerは新しいユニットを検出しました”Disc Stakka 00002091”が表示される。
何もしないの選択のまま、次へをクリックする。
新規ユニットウィザードが完了しました。作業は正常に完了しました。

以上で本体のセットアップは完了。
マイコンピュータにOpdiTrackerが表示されている。
posted by 玉三郎 at 12:33| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | リポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モニタリポート#1〜製品の到着(Disc Stakka C10A)

2004年8月5日の夕方、佐川急便の配送担当者がかなり大きめの梱包物を届けにきた。
何だろうと不思議に思いながら受け取り、早速梱包にナイフを入れ開梱した。
中から出てきたのはイメーションのDisc Stakka C10と呼ばれるCD整理ユニットであった。
本当に吃驚した。案内状によればPC MODEの読者モニターに応募して当選したものだった。
本人は応募したことなどすっかり忘れてしまっていたので、改めて本当に吃驚しました。
さて、開梱して中身の確認を取り敢えず行いました。
内容は以下のとおりです。
1.Disc Stakka C10A(本体) S/N:41900002091
2.Install Disc Software Version 2.0
3.USBケーブル
4.セットアップガイド
となります。
posted by 玉三郎 at 12:30| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | リポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。