2004年09月05日

Disc Stakka C10Aのモニターリポート(総括)

(モニターリポート)
モニター当選に吃驚したのも早々に、Disc Stakka C10Aの使用を開始。
だが、大きな1枚シートの説明書では操作方法が良く分からない。
結局、PDFの日本語版ユーザーガイドをプリントアウトしてから内容を確認
して操作に移ることにした。
新しいディスクを追加、登録する手順は次の様になる。
OpdiTrackerソフトウェアが正常に起動していることを確認した後、
登録するCD−ROMを本体挿入口にセットすると自動的に取り込まれる。
挿入されたディスクをOpdiTrackerデータベースに詳細を記録するを選択すると、
新規ディスクのプロパティが開くので必要事項を記述・編集する。
一度ディスクを取り出し、PCのドライブにセットしディスクの内容を取得する。
ドライブからディスクを取り出し、また本体挿入口にセットすると自動的に取り込まれる。
今度は、挿入されたディスクを選択するを選ぶと晴れて1枚のCD−ROMが
本機に登録される。これを登録する枚数だけ繰り返すわけである。
取り敢えず、素材サンプルが入ったCD−ROMを10枚ほど登録して使用してみました。
CD−ROMをオンラインで管理するコンセプトは大変共感出来、大変便利なものではあると
思います。
しかし、使い勝手で次のような点を次期商品で改善して頂けるといいと思います。
1.データベース登録するのにPCのドライブを使用するため、入れ替え作業が必要になるが
  これを省くことが出来ないだろうか。
2.検索して本体からディスクを取り出し、PCのドライブで読み出すわけだが、これ全てを本体で
  行えないだろうか。
3.何かトラブルの時、マニュアル操作で本体からディスクを取り出す機構がついていると安心感が
  あると思う。
以上がDisc Stakka C10Aのモニターリポートです。

posted by 玉三郎 at 03:44| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | リポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。